八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中山氏と東内原氏に当選証書

当選証書付与式で、支援者を前に握手する中山義隆氏(左)と東内原とも子氏=6日午前10時ごろ

当選証書付与式で、支援者を前に握手する中山義隆氏(左)と東内原とも子氏=6日午前10時ごろ

「身の引き締まる思い」

 2日の石垣市長選で再選された中山義隆氏(46)と市議補選に初当選した東内原とも子氏(57)は6日午前、市選挙管理委員会(伊是名八郎委員長)から当選証書を受け、「身の引き締まる思い。当選証書は、支援した皆さまのもの」と喜びをかみしめた。中山氏は20日から4年間、東内原氏は3日から9月27日までの任期となる。

 当選証書付与式は市民会館中ホールで行われた。

 伊是名委員長から証書を受けた後、中山氏は「多くの市民の信頼と期待をいただき、2期目をスタートさせる。好調な観光を中心に経済振興を図りたい。国際観光都市として平和発信の島にしたい。すべての市民が夢、希望を抱ける日本一幸せあふれる石垣市の実現のため、全力で頑張る」と決意を述べた。

 東内原氏は「任期は短いが、待機児童ゼロ、保育士の待遇改善、保育所の支援に向け、一歩一歩活動したい」と話した。

 伊是名委員長は「市民と約束した96項目のマニフェストを実現し、日本一幸せあふれる石垣市に近づくことを市民は期待している」と激励した。伊良皆高信議長も祝辞を述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム