八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「住民投票も視野」 自衛隊配備で中山氏

当選から一夜明けた3日朝、報道陣と談笑する中山義隆さん=3日午前8時半ごろ、自民党石垣市支部事務所

当選から一夜明けた3日朝、報道陣と談笑する中山義隆さん=3日午前8時半ごろ、自民党石垣市支部事務所

多選禁止条例、6月以降

 石垣市長選で向こう4年間のかじ取り役を託された中山義隆氏は3日、自民党石垣市支部事務所で報道関係者のインタビューに応じた。自衛隊の部隊配備が計画された場合の対応について「市民から住民投票が必要という声が巻き起これば、実施することも視野に入れたい」と述べ、民意を問う一つの手段として検討する考えを明らかにした。前回からの公約の一つ、市長を対象にした多選禁止条例については6月以降の議会に提案する意向を示した。4期以上を多選とする考えだ。

 中山氏は自衛隊問題について「防衛や安全保障は国の専権事項なので、国が考えを示す必要がある。石垣島に配備が計画された場合は内容を聞き、情報をオープンにしたい。賛成、反対の意見が出ると思うので、議論を重ねて石垣市としての判断をしたい」と述べ、判断材料の一つとして住民投票を視野に入れる考えを示した。

 選挙期間中にアピールした「待機児童ゼロ」については、全幼稚園で実施している預かり保育の定員枠の拡大、認可保育の新設、現認可保育園の増改築などを通して実現する考えを示し、「保護者が安心して預けられるようにしたい」と述べた。乳幼児医療費助成制度の児童への拡充、児童生徒の派遣費補助の充実なども検討する-とした。

 このほかの一問一答は次の通り。

■何が評価されたと思うか。

 観光を中心とした経済振興。特に新空港の開港で観光客を伸ばせたことが評価されたと思う。

■まず何に取り組むか。

 新空港の開港で好調な経済を継続させるほか、国営土地改良事業、県立八重山病院の移転新築。県営・市営団地の建て替え、新港地区の港湾整備などのインフラ整備を国・県と連携して着実に推進したい。

■普天間飛行場移設問題の考えは。

 危険性の除去が最優先。以前から言っているように、辺野古移設は地元住民の合意が大前提。名護市長選でノーという結果が出たので、これ以上、辺野古移設には言及しない。

■相手陣営から批判が目立ったか。

 市民が選挙で結果を出した。今後4年間、市民全員の幸せ、石垣市発展を目指したい。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム