八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

防火パレードで「火の用心」

2014年春季火災予防運動防火パレードで「火の用心」を呼びかけたあまかわ幼稚園幼年消防クラブ

2014年春季火災予防運動防火パレードで「火の用心」を呼びかけたあまかわ幼稚園幼年消防クラブ

春の火災予防運動スタート

 「消すまでは 心の警報 ONのまま」を全国統一防火標語に春季火災予防運動が1|7日の1週間、全国一斉に展開。石垣市消防本部(大工嘉広消防長)は3日午後、同本部で出発式を行い、おそろいのハッピを着たあまかわ幼稚園幼年消防クラブの園児や、女性防火クラブの会員らとユーグレナモールでパレードし「火の用心」を呼びかけた。

 昨年市内では30件の火災が発生。359万円の損害が出ている。今年は3件発生している。

 出発式には職員と市消防団(新垣能一団長)、市女性防火クラブ(西表直子会長)メンバーが参加。大工消防長は「昨年は過去最多30件の火災が発生。原因はうっかりミスなどのヒューマンエラーが多かった。市民に火器の取り扱い、火の用心を訴えたい」と述べた。

 県消防協会八重山地区支部の田場由盛支部長は「支部としても消防の重要性を認識し、防火指導の強化など事業の推進に協力したい」とあいさつした。

 その後、防火パレードを行い、各店舗や道行く人たちに「火の用心」を訴えた。

 運動期間中は▽住宅用火災警報器の設置など住宅防火対策の推進▽防火対象物や危険施設への立ち入り検査▽幼児への防火指導|を重点目標に取り組む方針。

 同本部によると、3日現在で3件の火災。昨年は1年間で30件発生、死者1人、負傷者1人。内訳は建物12件、船舶・車両7件、その他11件。建物のうち5件はコンロの消し忘れ。その他のうち9件は田畑への無断火入れが原因だった。損害額は359万6000円で過去最少。

  • タグ: 火災予防運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム