八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海の生き物を観察 真栄里海岸

イノーの生き物を観察する参加者ら=2日午後、真栄里海岸

イノーの生き物を観察する参加者ら=2日午後、真栄里海岸

サンゴの健康度チェック

 石垣島サンゴウィークの一環として、海の自然教室イノーのコーラルウオッチ(環境省那覇自然環境事務所主催)が2日午後、真栄里海岸で開かれ、親子連れなど約40人が参加、サンゴ礁の生き物を観察した。

 参加者は真栄里海岸のイノー(サンゴ礁に囲まれた浅瀬)を歩き、水中メガネとサンゴの健康度を示す色見本を使ってチェックした。

 今回で2回目という山田太智君(新川小2年)は「海の生物が好きで参加した。サンゴの形や熱帯魚、ヒトデも観察できたので楽しかった」と喜んだ。

 初参加の平良美夢さん(登野城小5年)は「サンゴが白化しているものもあったので勉強になった。海が汚れていると感じたのでごみを捨てないでほしい」と訴えた。

 同事務所の春口洋貴アクティブ・レンジャーは「白化現象が進むサンゴを見て、多くの子どもたちがサンゴに関心を持ってくれれば」と呼びかけた。

 観察会終了後、参加者はサンゴサポーターで詩人の俵万智さんの指導でサンゴの様子を短歌にしたりした。

  • タグ: サンゴ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム