八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

目に余るカラス被害 市内の集合住宅

ごみ袋をあさり、生ごみを散乱させるカラス=20日午前、登野城の集合住宅

ごみ袋をあさり、生ごみを散乱させるカラス=20日午前、登野城の集合住宅

周辺に生ごみ散乱
対策なし、住民から苦情

 石垣市内のアパートやマンションでカラスがごみ袋をあさり、歩道にごみが散乱するなどして市民から苦情が出ている。

 長期間にわたってカラス対策をしていないアパートなどでは、ごみ収集日のたびに歩道にごみ袋の中身が散乱し、放置されたままのケースもある。

 近隣住民からは「燃えるごみの日は毎回道路にごみが散乱している。住宅の所有者や管理人はなぜ対策を講じないのか」と憤りの声も。

 市環境課では「集合住宅のごみ捨て場には網カゴの設置などを呼びかけているが、強制力がないため、難しい状況だ。今後、何らかの対策を講じていきたい」と話している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム