八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

快適なバス停に 屋根設置工事急ピッチ

屋根付きバス停の工事が進められている石垣港離島ターミナル

屋根付きバス停の工事が進められている石垣港離島ターミナル

離島ターミナル

 石垣港離島ターミナル前の歩道とバス停留所に屋根を設置する工事が今月5日から進められている。工事は市商工振興課が実施しているもので、総工費は約812万円。年度内に一部供用開始し、来年度の完成を目指している。

 ターミナル前のバス停留所は屋根がないため、利用者が雨や暑い日差しにさらされていることから、昨年7月、みなと通り会(森田安高会長)が市に屋根の設置を要請していた。また、竹富町の住民からも同様の要望が出ていた。

 整備する屋根は高さ約2.9㍍、長さ約83㍍、幅約1.9㍍の規模。

 工事期間中は仮バス停を設置している。

 市商工振興課商工係の豊里好文課長補佐兼係長は「地域住民や観光客が快適にバス停やターミナルを利用できるよう1日も早い供用開始を目指している」と話した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム