八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ピアチェーレ」がステージ

音楽グループ「ピアチェーレ」による芸術音楽鑑賞会で披露された伸びやかな歌声に聴き入る児童ら=25日午前、石垣小学校体育館

音楽グループ「ピアチェーレ」による芸術音楽鑑賞会で披露された伸びやかな歌声に聴き入る児童ら=25日午前、石垣小学校体育館

石垣小で芸術音楽鑑賞会

 石垣小学校(石垣安志校長、児童325人)は25日午前、同校で石垣在住の音楽グループ「ピアチェーレ」(長田礼子代表)8人による芸術音楽鑑賞会を開き、児童たちがバイオリンやギター、ピアノの音色や伸びやかな歌声を堪能した。

 第1部では「ぞうさん」の歌、バイオリンによる「ガボット」、ギターの「愛のロマンス」などを演奏。第2部では、八重山の昔話の「ナナキジャイへのたび」、「七つ星」を朗読、そのBGMに「アンパルぬみだがーまユンタ」や「てぃんさぐぬ花」などが演奏された。

 このうち「ぞうさん」では、バリトンの低い声と裏声の高い声を使い分け、表情やしぐさで子どもたちの笑いを誘い、楽しませた。

 楽器の説明も行われ、バイオリンの弓が馬の尾で出来ていることが解説されると、会場からは「へー」という声が上がった。最後は全校生徒も一緒に「花は咲く」を合唱した。

 児童会の翁長晴子副会長(6年)は「はじめて聴くイタリアやロシアの曲が面白くて興奮した。バイオリンの弓が馬のしっぽと知って驚いた。読み聞かせも音楽が加わってとても楽しかった」と感想を述べた。

地図
  • タグ: 石垣小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム