八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

航空関係者がバスケ交流 国内外10社が石垣で開催

FESPAの初開催を報告する日本航空の平野マネージャー(左)=24日午後、市役所庁議室

FESPAの初開催を報告する日本航空の平野マネージャー(左)=24日午後、市役所庁議室

11月・総合体育館

 極東とオセアニア地域で国際線を運航する国内外の航空会社10社の関係者がバスケットボールを通じて交流するイベントが11月10日に石垣市で初めて開かれることになり、参加する航空会社の一つ、日本航空の平野雅彦マネージャーと松田憲仁さんが24日、石垣市の漢那政弘副市長に報告した。

 同イベントは、参加する航空会社が飛んでいる地域の頭文字などから「FESPA」の通称で呼ばれ、1972年の第1回以降、参加する航空会社の地域を回りながら年1回開催。石垣は、国内では札幌、成田、鹿児島、函館に次ぎ5地域目。県内では初めて。選手や家族が集まるという。

 石垣市総合体育館で4日間開催。地元の社会人選抜チームとの交流試合も計画している。

 平野マネージャーは「各国の航空会社のバスケットボールクラブに所属する若者からシニアまでの人々が参加。大会を通じて石垣島の観光をアピールしたい」と抱負を述べた。

 漢那副市長は「国際都市を目指す石垣市としてうれしく思う。観光誘致にもつなげたい」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム