八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「村を守る担い手に」 松川君(大浜小)が発表

松川三四郎君

松川三四郎君

小学生の発表などがあった「みんなで考える赤土問題シンポジウム」=23日午前、石垣市健康福祉センター検診ホール

赤土問題シンポ

 地域の赤土流出防止問題について考える「みんなで考える赤土問題シンポジウム」(沖縄県環境生活部主催)が23日午前、石垣市健康福祉センター検診ホールで開かれ、県の赤土流出防止出前講座を受けた大浜小学校6年の松川三四郎君が「みんなでアクション!僕らの『大浜村』を守るため、考えてみよう!やってみよう!」をテーマに、宮良湾に流れる赤土について発表した。

 赤土のプラス面とマイナス面の検証では「石垣牛を飼育するために必要な牧草やパイン畑で赤土が必要。赤瓦にも利用される半面、大雨の時には海に流れてサンゴ礁が死滅し、魚が減って漁師が困る。近くの宮良川に流出するとマングローブの生態系に大きな影響を及ぼす」と説明した。

 松川君は「少しでも赤土を流出させないよう、畑にグリーンベルトを施すほか、道路に赤土があれば掃除することが大切。赤土流出問題を家族や友達に紹介し、大浜村を守る担い手になりたい」と発表した。

 特定非営利活動法人(NPO法人)石西礁湖サンゴ礁基金の干川明氏やNPO法人おきなわグリーンネットワークの西原隆氏、大宜味村農業環境コーディネーター比嘉貢野氏は、地域で取り組んでいる流出防止策について紹介し、「地域や住民、行政を巻き込んだ取り組みが必要」などと訴えた。

 宜野座村と糸満市、久米島町の児童による発表もあった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム