八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【石垣市長選】4年間の実績を強調 中山氏総決起大会

2期目に向け「頑張ろう」を三唱する予定候補者と支持者=21日午後8時50分ごろ、市民会館大ホール

2期目に向け「頑張ろう」を三唱する予定候補者と支持者=21日午後8時50分ごろ、市民会館大ホール

強くて温かい大黒柱に

 23日に告示される石垣市長選(3月2日投開票)は21日夜、立候補を予定している現職の中山義隆氏(46)=自民・公明推薦=、前職の大浜長照氏(66)の両陣営が総決起大会を開き、それぞれ市議補選に出馬する東内原とも子氏(57)、崎枝純夫氏(58)とのダブル当選に向け、支持拡大を図るよう支援を求めた。大会には、会場からあふれるほどの支持者が集まり、23日から始まる選挙運動に勢いをつけた。

 中山後援会は、午後7時から市民会館大ホールで総決起大会を行った。中山氏は「4年間でいろんな種をまき、大きな基礎をつくった。2期目は柱をたて、4万8000人の大家族が一緒に住めるような大きな家をつくりたい。私をその大黒柱にしてください。どこにも負けない強くて温かい大黒柱になる」と決意を語った。

 大会では名前入りののぼり旗とともに両予定候補者が入場した後、選対本部長になる砂川利勝県議が「自信と誇りをもって石垣市の発展のために中山氏を当選させよう」と呼びかけた。

 応援には仲井真弘多知事、照屋守之自民党県連幹事長(県議)、糸洲朝則公明党県本部代表(県議)、西銘恒三郎衆議、島尻安伊子参議、下地敏彦宮古島市長、佐喜真淳宜野湾市長、松本哲治浦添市長、三原じゅん子自民党女性局長(参議)、遠山清彦公明党沖縄方面議長(衆議)が駆けつけた。

 「石垣市は4年間で飛躍的に伸びた」などと実績をPR、「相手はリターンマッチで死に物狂いだ。受けて立つ戦いでは勝てない」「本領を発揮するのは2期目だ」「過去を振り返るのはやめよう。前に進んでいこう」と呼びかけた。

 自民党総裁の安倍晋三首相も「中山さんは石垣、沖縄、日本にとって大切な人材。私も全力で応援する」とビデオメッセージを寄せた。

 東内原氏は「保育士、母親の立場を生かして子どもたちが幸せになるお手伝いをさせてください」と訴えた。

 続いてマイクを握った中山氏は「いろんな地域から訪れる観光客が友情と信頼を築いて帰っていく。それが広がることが世界平和につながる。平和産業である観光をしっかり育てたい。国際観光都市をつくるのは私の役目。平和を発信する島として国内外にPRする」と強調、「今年の目標105万人を達成するともっと景気がよくなる。皆さん一人一人の所得が上がるのは今年だ。産業の発展に全力で取り組みたい」と述べた。

 「市民党と言っているが、看板を剥がせば共産党や社民党」と相手陣営にも言及し、「本当の市民であるわれわれが勝たないと石垣市の未来はない」と声を張り上げた。

 最後は農業、商工業、水産業など各分野に従事する若手の音頭で「頑張ろう」を三唱した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム