八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大濵君が最優秀賞 県工業高校意見体験発表

第19回沖縄県工業高等学校生徒意見・体験発表大会で最優秀賞に輝いた八重山商工高校2年の大濵航士郎君=20日午後、同校校長室

第19回沖縄県工業高等学校生徒意見・体験発表大会で最優秀賞に輝いた八重山商工高校2年の大濵航士郎君=20日午後、同校校長室

「病と向き合い楽しく生きる」

 1月28日に浦添市のてだこホールで開かれた第19回沖縄県工業高等学校生徒意見・体験発表大会(県工業教育研究会、県高等学校文化連盟主催)で、八重山商工高校情報技術科2年の大航士郎君(17)が最優秀賞に輝いた。

 大会には県内から9人が出場し、大濵君は「闇の向こうに見つけた光」のテーマで発表。自身の目の病「網膜色素変性症」と向き合い、毎日を楽しみながら、一歩ずつ歩むことの大切さを訴えた。

 20日午後、同校校長室で大濵君は「大会では少し間違ったが、満足できる出来だった。自分のことを発表できてうれしかった」と振り返り、「将来は海外でグランドスタッフとして働きたい。一日一日を楽しみながら頑張りたい」と笑顔で語った。

 同科の池田良教諭は「原稿を完ぺきに覚え、気持ちを込めて発表したのが評価されたと思う」とたたえた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム