八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテキャンプが終了

成瀬善久選手会長の一本締めで石垣島キャンプを打ち上げた千葉ロッテマリーンズの選手や監督、コーチら=19日午前、市中央運動公園野球場

成瀬善久選手会長の一本締めで石垣島キャンプを打ち上げた千葉ロッテマリーンズの選手や監督、コーチら=19日午前、市中央運動公園野球場

観客延べ1万5000人
話題づくしの球春に幕

 約3週間にわたって行われてきた千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプは19日、全日程を終了して打ち上げた。地元出身の大嶺祐太、翔太が兄弟そろって1軍に帯同するとともにオリックス・バファローズとのオープン戦が行われ、初の1、2軍合同キャンプとなるなど話題が多い球春となった。キャンプ期間中、延べ1万5000人(千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会発表)が球場を訪れ、選手たちのプレーに熱い視線を送った。

 伊東勤監督は「各ポジションで競争でき、チームに骨太さ、たくましさが生まれた。全体的に仕上がっている」とまずまずの手応えを感じているようだ。

 3月28日のソフトバンクホークスとの開幕戦の先発を成瀬善久に決めたことも明らかにした。成瀬は5年連続の開幕投手。

 選手はキャンプ最終日、軽めの調整。

 投手は屋内練習場でフィールディングの練習や陸上競技場でランニングを行った。野手はメーン球場で打撃練習に汗を流した。

 午前11時ごろにはメーン球場マウンド周辺に選手や監督、コーチ、スタッフらが集合。成瀬選手会長が「昨年はAクラス入りできず悔しい思いをした。今年は日本一を目指したい。秋季キャンプを行わないよう、しっかり準備しよう」とあいさつし、一本締めを行った。

 ロッテは22日に名護市で行われる日本ハムファイターズとのオープン戦に向け、19日午後の便で空路、石垣島を後にした。

地図
  • タグ: ロッテキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム