八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

歌とダンスで観客魅了

出演者と観客が一体となってステージを盛り上げた劇団四季のミュージカル「はだかの王様」公演=19日午後、石垣市民会館大ホール

出演者と観客が一体となってステージを盛り上げた劇団四季のミュージカル「はだかの王様」公演=19日午後、石垣市民会館大ホール

劇団四季「はだかの王様」

 劇団四季のミュージカル「はだかの王様」(八重山毎日新聞社主催)が19日夜、石垣市民会館大ホールで開かれ、29人の出演者が躍動感あふれる歌声やダンスで満員の観客を魅了した。

 「はだかの王様」は世界中の人々に愛されているアンデルセン童話を基に詩人で劇作家の故寺山修司氏が劇団四季のために書き下ろしたミュージカル。同劇団の石垣公演は今回で9度目。

 ステージでは、出演者が役柄に合わせてダイナミックな演技を披露、澄んだ歌声とリズミカルなダンスをステージいっぱいに繰り広げた。

 ユーモアあふれるセリフ回しで会場を沸かせ、観客が歌や手拍子で参加する場面もあり、出演者と観客が一体となってステージを盛り上げた。

 20日は市内と竹富町内の子どもたち約800人を招いた特別公演「こころの劇場」も行われる。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム