八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国製糖工場が初出荷 特等製品63㌧

与那国製糖工場の出荷式。関係者に囲まれながら黒糖を満載したトラックが工場を出発した=18日、与那国製糖工場

与那国製糖工場の出荷式。関係者に囲まれながら黒糖を満載したトラックが工場を出発した=18日、与那国製糖工場

平均糖度は13・2度

 【与那国】JAおきなわ与那国支店(船道哲男支店長)の与那国製糖工場は18日、今期初めての黒糖63㌧を本島に出荷した。平均糖度は13.2度で、17日には最高で16.6度も記録。初荷分は特等製品となっている。

 今期は、1月31日から3月20日まで50日間の操業期間で、前期と同じく原料3600㌧、黒糖製品450㌧を見込む。

 また、今期は、雨天や刈り取り作業員の不足で収穫に遅れも生じているが、今月16日までに原料989㌧を搬入。特等製品の初荷に関係者からは「原料搬入はまあまあだが、製品は前期と比べると良い」と喜ぶ声も聞こえる。

 出荷式で、関係者らは、黒糖を満載したトラックを酒で清め、出荷を見送った。

 初荷分の黒糖は、祖納港から石垣港を経由して本島に届く。(田頭政英通信員)

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム