八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島で初のオープン戦 ロッテが逆転勝ち

石垣島初のオープン戦となった千葉ロッテ対オリックス戦。観客席には多くのファンが詰めかけた=16日午後、石垣市市中央運動公園野球場

石垣島初のオープン戦となった千葉ロッテ対オリックス戦。観客席には多くのファンが詰めかけた=16日午後、石垣市市中央運動公園野球場

2300人、プロの醍醐味満喫

 2014年のプロ野球オープン戦の開幕試合となる千葉ロッテ対オリックス戦が16日、石垣市中央運動公園野球場で行われた。石垣島でのオープン戦は初めて。ロッテがキャンプを張って以来、7年目に実現した。球場には地元や県外からのファン、少年野球チームなど2300人(主催者発表)が詰めかけ、プロ野球選手の白熱したプレーに熱い視線と声援を送った。県出身の大嶺祐太、弟の翔太、伊志嶺翔大、川満寛弥の4人もそろって出場。ハツラツとしたプレーをみせた。プロ野球史上2度目の離島でのオープン戦に全国から多くの報道陣も集結した。

 セレモニーで千葉ロッテ石垣島協力会長の中山義隆市長は「絶好の天気にも恵まれた。初のオープン戦で子どもたちに夢を与えられるプレーをみせてほしい」と期待を寄せた。

 試合はオリックスに先制を許し、苦しい展開を強いられたロッテだったが、大嶺翔太や新主将、鈴木大地の適時打で終盤七回に逆転。その後追加点を挙げ、7-4で逃げ切った。

 試合開始から右翼スタンドでは、ロッテ本拠地QVCマリンフィールドさながらに球団公認応援団が大応援を展開。ラッキーセブンの七回には真っ白なゴム風船が青空に舞い、両軍を鼓舞。地元の少年野球の子どもたちも応援団に合わせて声を張り上げ、声援を球場に響かせた。

 この日は快晴で午後には気温が22度台まで上がり、ビールを片手に観戦する姿も見られた。

 試合終了後、伊東勤監督は「初のオープン戦で序盤どうなるかなと不安だった。逆転して、勝ちゲームをみせることができてよかった」とコメントした。

地図
  • タグ: ロッテキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム