八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山病院にNICUが実現 県議会2月定例開会

87議案を提出

 【那覇】県議会(喜納昌春議長)2月定例会が14日、開会した。県は、復帰後最高の総額7239億円の2014年度当初予算案と、県立病院事業局の定員を増員する条例改正案など87議案を上程した。同条例案の改正では、県立八重山病院に小児科医や看護師ら19人が増員され、先島地区で初めて新生児集中治療室(NICU)の設置が実現する。

 また、八重山病院の救急医療体制が充実強化され、4月からICU(集中治療室)と一般病棟の中間に当たるHCU(高度治療室・4床)も初めて設置される。

 八重山関連の提出議案は、新規事業として波照間空港ターミナル実施設計費として2億円(粟国空港含む)を計上。3市町が加盟する消防共同指令センター整備事業に2億5779万円、マグロ・カジキ類漁場開発事業に3000万円がそれぞれ盛り込まれた。

 継続事業は、石垣空港線整備事業に8億4000万円、15年度4月供用開始を目指す離島児童・生徒支援センター(仮称)整備事業に7億7139万円がそれぞれ計上された。

 離島と本島を海底光ケーブルで結ぶ離島地区情報通信基盤整備推進事業に28億4800万円、離島診療所に医師などを派遣する県立病院医師派遣補助事業は3億3400万円を計上している。

 2月定例会の会期は43日間。代表質問は、26日から28日までの3日間、一般質問は3月3日から6日までの4日間。最終本会議は28日に行う。

  • タグ: 八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム