八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郷友多数が和やかに交流 関東平真郷友会が総会

郷友らが和やかに交流した関東平真郷友会の総会=9日午後、都内

郷友らが和やかに交流した関東平真郷友会の総会=9日午後、都内

 【東京】関東平真郷友会(加那原淳会長)の第26回総会が9日、北区の赤羽北区民センターで開かれ、郷友らが和やかに交流した。

 加那原会長は「9月に実施したグラウンドゴルフ大会には多くの参加があった。これからも参加者を増やすため、たくさんの意見を募り会を盛り上げていきたい」と述べ、来賓の大谷喜久男東京八重山郷友連合会会長は「若手の獲得は各郷友会の課題。深く考えて策を練り、発展させていこう」と激励した。

 舞台は、河野美佐子さんの「鷲ぬ鳥節」で座開き。八重山古典民謡保存会関東支部の宮薗あき子研究所も花を添え、平得村に伝わる「月夜浜節」や「真栄里節」など舞踊は、会場から大きな拍手を受けた。

 同会役員有志による「踊い・うちなー」は、踊りなれない出演者がハッピにはち巻き姿でユーモラスな演目となり、会場の笑いを誘った。

 最後はモーヤーで盛り上がり、「弥勒節・やーらよう節」で締めくくった。

(黒島安央東京通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム