八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本番さながらリハーサル 23日に「藝能祭」

本番さながらにリハーサルを行った八重山古典民謡伝統協会の皆さん=9日、真嘉比公民館

本番さながらにリハーサルを行った八重山古典民謡伝統協会の皆さん=9日、真嘉比公民館

八重山古典民謡伝統協会

 【那覇】八重山古典民謡伝統協会(大濵博起会長)は9日午後、真嘉比公民館で第2回藝能祭に向けたリハーサルを行い、本番に備えた。大濵会長は「素晴らしい演奏会ができるようにみんなで力を合わせて頑張ろう」と述べ、会員を激励した。

 藝能祭は、23日午後6時から琉球新報ホールで開催される。

 リハーサルでは、座開きの「赤馬節」「しゅーら節」をはじめ、「繁昌節」「とぅまた節」などプログラムに沿って本番さながらに演奏。会員らは、調弦を確認するなどして斉唱曲を細かくチェックした。

 公演に花を添える舞踊研究所のメンバーも「揚古見ぬ浦節」「小浜節」などの演目を踊り、舞台での立ち位置を確認していた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム