八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテサイン会に360人 スター選手にファン大興奮

マリーンズ選手サイン会で涌井秀章投手からサインをもらう参加者=9日午後、石垣市総合体育館

マリーンズ選手サイン会で涌井秀章投手からサインをもらう参加者=9日午後、石垣市総合体育館

 千葉ロッテマリーンズ春季キャンプのファンイベント「マリーンズ選手サイン会」(1SHIGAKI26主催)が9日午後、石垣市総合体育館メインアリーナで開かれ、360人が参加した。成瀬善久投手や唐川侑己投手をはじめ、地元出身の大嶺祐太、大嶺翔太兄弟、新加入した涌井秀章、石川歩の両投手の6人が色紙やボールにサインし、ファンを喜ばせた。

 ロッテを代表する人気選手の登場とあって、各選手の前にサインの順番を待つ長い列ができた。1SHIGAKI26(大城文博会長)は300人の来場を予定していたが、整理券を追加発行して対応した。

 大嶺翔太からサインをもらった南風原梨帆ちゃん(平真小3年)は「カッコイイ翔太選手のプレーが好きでファンになった。早く1軍に上がってプレーしてほしい。サインは宝物にする」と喜んでいた。

 比嘉優君(平真小4年)は大嶺祐太からサインをもらい、「祐太投手は間近で見ると体が大きい。僕もあんなふうになりたい。今年は2ケタ勝利を目指してほしい」とエールを送った。

 大城会長は「チームの柱になる選手が参加してくれて感謝している。かなうならば、もう一度(サイン会を)開きたい」と笑顔をみせた。

 サイン会は当初メイン球場の1SHIGAKI26ブースで行う予定だったが、雨の影響で変更した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム