八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年も校庭に甘い香り 宮良小学校

黒糖づくりを体験する宮良小学校の児童たち=写真はいずれも9日午前、同校校庭

黒糖づくりを体験する宮良小学校の児童たち=写真はいずれも9日午前、同校校庭

キビ刈り体験を楽しむ宮良地区の子どもたち

恒例の黒糖づくり

 宮良小学校(小浜美佐子校長、児童118人)の恒例行事「親子キビ刈り・黒糖づくり」が9日午前、同校で行われた。5年生を中心に全学年の児童や保護者、地域住民など総勢約300人が参加し、サトウキビの収穫から圧搾、黒糖製造までを体験した。

 八重山の基幹産業について学ぶとともに、勤労の大切さや力を合わせて働く喜びを知ることが目的。今回で34回目。宮良川の川下りとともに同校の二大行事となっている。

 この日は5年生が4年生のときに植えたサトウキビを親子で刈り取り、しぼり汁を煮詰める作業を体験した。

 午前10時すぎには黒糖が煮詰まり、校庭に甘い香りが立ちこめた。

 西原夕稀さん(5年)はできたての黒糖に「熱いけど、頑張って育てたのでおいしく食べたい」と笑顔をみせていた。小浜校長は「地域に根ざした伝統行事になっており、地域の人々の協力が欠かせない」と話していた。

  • タグ: 宮良小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム