八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

消波ブロックはごみ捨て場?

消波ブロックに捨てられたごみを拾う八重山商工高校観光コースの生徒たち=8日午前、八島小南側の防波堤周辺

消波ブロックに捨てられたごみを拾う八重山商工高校観光コースの生徒たち=8日午前、八島小南側の防波堤周辺

八商工生ら46袋分拾う

 身近な場所をきれいにし、現状を知ろうと八重山商工高校商業科観光コースの1年生から3年生まで約50人が8日午前、八島小学校南側の防波堤周辺を清掃した。

 生徒たちはごみ袋やごみばさみを持ちながら、防波堤付近や消波ブロックの間などに落ちているごみを拾った。

 今年は可燃ごみ20袋、不燃ごみ11袋、空き缶4袋、ペットボトル11袋のごみを収集。ペットボトルにたばこの吸い殻がたくさん入っているものや、船体の破片、発泡スチロールなどもあった。

 3年生の加藤弦君(18)=神戸市出身=は「こんなきれいな海は本土にはない。海をもっと大切にしてほしい」、1年生の大城稜さん(16)は「燃えないごみが特に多い。できれば一般の人にも清掃に参加してもらい、現状を見てほしい」とそれぞれ感想を語った。

 宮里靖乃教諭は「ポスターを制作するなど、ごみ捨て防止を呼びかける活動もしていきたい」と話した。

  • タグ: ゴミ八重商工
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム