八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

プロ直伝、楽しく練習

伊志嶺翔大(左)や井上晴哉(右)からバッティングの指導を受ける子どもたち=8日午後、市中央運動公園野球場

伊志嶺翔大(左)や井上晴哉(右)からバッティングの指導を受ける子どもたち=8日午後、市中央運動公園野球場

ロッテ少年野球教室に160人

 第7回千葉ロッテマリーンズ少年野球教室(石垣市主催)が8日午後、市中央運動公園野球場と屋内練習場で行われ、市内の少年野球チームから約160人が全1軍選手から野球の基礎などを学んだ。

 守備練習では、内野手のクレイグ・ブラゼルがノックを担当。子どもたちが「カモン」と声をかけると、ブラゼルは「オッケー」と返し、交流を楽しんだ。

 白保轟の坂東篤磨君(白保小5年)は「きょう学んだことを練習に生かし、将来はロッテの選手になれるよう頑張りたい」、少年オリオンズの平野素土(もと)さん(新川小3年)は「とてもわかりやすく、楽しかった。もっと上手になりたい」とそれぞれ感想を述べた。

 打撃練習を担当した大嶺翔太は「自分が小学生のころは、こんなに間近でプロの練習を見る機会がなかった。子どもたちには、日々のトレーニングのヒントにしてほしい」と話した。

  • タグ: ロッテキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム