八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山病院にNICU先島地区で初

NICU設置と医師増員で救急医療体制が強化される県立八重山病院=7日午後

NICU設置と医師増員で救急医療体制が強化される県立八重山病院=7日午後

小児科医4人増員
救急医療体制強化へ

 【那覇】先島地区で初めて県立八重山病院(依光たみ枝院長)にNICU(新生児集中治療室・3床)が設置されることが7日分かった。県は施設を整備したあと、小児科医を増員してできるだけ早い時期の開設を目指す。さらに4月からは、ICU(特定集中治療室)と一般病棟の中間に当たるHCU(高度治療室・4床)を初設置。看護師5人を配置して、救急医療体制の充実強化を図るとしている。

 NICU設置に伴い、小児科医が現在の2人から4人増員されて6人体制となる。重症な新生児を、24時間対応の管理治療ができる医療体制の充実強化と、医師の負担軽減が期待される。

 県は県立病院の救急体制の充実・強化などを目的に、県立病院事業局の定員数を医師38人、看護師42人、計80人増の2734人とする条例改正案を14日開会予定の2月県議会に上程する。NICUとHCU設置はこの定員増による措置。

 八重山病院には、初めてICUの専任医師1人を配置。NICUは医師1人、看護師6人が配置され、高度な医療を行うことができる地域周産期母子医療センターの認定を目指す。定員増の目的の一つである経営改善では初めて検査科医師1人、感染管理認定看護師1人を配置して、質の高い医療を構築する。

 県内でNICUがあるのは、県立中部病院と県立南部医療センター・こども医療センター、沖縄赤十字病院、琉球大学医学部付属病院、那覇市立病院の5施設。現在、八重山病院の小児科医は、午前0時以降は自宅など病院外で呼び出しに備え待機するオンコール体制で勤務。院内に常時配置するなどの基準が満たされていなかったが、今回の増員で解消される。NICUとHCUは、4月に県立宮古病院に設置されることも決まった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム