八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

浮島政務官、漂着ごみ視察

環境省や県、市の担当者から漂着物について説明を受けた浮島智子政務官(中)=7日午後、伊野田海岸

環境省や県、市の担当者から漂着物について説明を受けた浮島智子政務官(中)=7日午後、伊野田海岸

回収「継続できるようにしたい」

 環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官の浮島智子氏は7日、県が環境省の地域グリーンニューディール基金を活用して漂着物の回収やモニタリング調査を実施している伊野田海岸や星野海岸を視察した。回収後も再び大量の漂着物が海岸に打ち上げられている状況に浮島氏は「基金を単年度で終わらせてはいけない。15年度以降も継続できるようにしたい」と話した。

 県は09年度に海岸漂着物対策地域計画を策定し、同基金を活用して県内全域で回収事業を実施してきた。同基金は14年度で終了する予定になっている。

 伊野田海岸には、北東の風が吹くと漁具やペットボトル、空き缶などが漂着。海外からの漂着物もある。11年度には、約100万円をかけ、2㌧トラック69台分を回収した。

 国外からの漂着ごみについて浮島氏は、4月に韓国で予定されている日中韓3カ国の環境相会合で話し合う考えを示した。

  • タグ: 漂着ゴミ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム