八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉大ゴールド実証実験へ 新品種ウコン

説明会で新品種の琉大ゴールドを手に説明するモハメド准教授(中央)=6日午後、経営企画会議

説明会で新品種の琉大ゴールドを手に説明するモハメド准教授(中央)=6日午後、経営企画会議

島の新産業として育成
ホサイン准教授、8農家に栽培方法説明

 琉球大学と㈱琉球バイオリソース開発との産学連携で開発された、琉球大学ブランドのウコン「琉大ゴールド」の実証実験が4月から石垣島で初めて実施されることになり、6日午後、同大農学部でウコン栽培に取り組むモハメド・アムザド・ホサイン准教授(48)が実験に興味を示す農家の8人に栽培方法を説明した。将来的には加工販売に意欲を示す4企業を加えて組合をつくり、栽培から加工、販売までを島内で行い、新しい産業として育成する方針。

 新品種の琉大ゴールドは、在来のウコンと比べてクルクミンの含量が7~20倍と多く、栽培期間が45日も短く、根茎が太く収量が高いのが特徴。

 根数が少なく、土落としなどの収穫作業が省力化でき、台風時の倒伏被害も少ない。

 品質面では、味や香り、色合いも良く、昨年2月29日付で農林水産省がウコンの新品種として正式に品種登録した。

 実証実験は、市内の1農家のほ場で4月から1年間実施し、その後、他の7農家でも本格栽培に取り組むことにしている。

 モハメド准教授は「石垣島の土はウコン栽培に適しており、気温など環境もいい。栽培にはコストが少なく、多くの収量が見込めるので農家への還元を高めたい」と期待した。

 今回の説明会は、同ウコンの栽培指導や事務管理をサポートする㈱経営企画(下地恵善取締役代表)=新栄町=が主催。

 同社の下地代表は「集まった農家で石垣ウコン事業協同組合を設立し、組合員の農家で栽培から加工、販売を一手に行い、島の新しい産業にしたい」と意気込んだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム