八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「よみがえれマングローブ」 吹通川上流

オヒルギの苗を植える野底小の児童ら=6日午前、吹通川上流

オヒルギの苗を植える野底小の児童ら=6日午前、吹通川上流

野底小児童ら苗植える

 環境省の「マングローブ生態系回復のための実証実験」の一環として野底小学校の児童42人とのそこ幼稚園の園児9人が6日、石垣市野底の吹通川上流でオヒルギの苗約50本を植えた。

 吹通川のマングローブは石垣市の天然記念物に指定されており、オヒルギやメヒルギ、ヤエヤマヒルギが自生しているが、2010年10月23日の記録的な大雨で野底浄水場付近の道路が決壊し、大量の土砂が堆積した川の上流では、オヒルギの根が土砂で呼吸ができず枯れている。今回の植樹は被害に遭ったオヒルギの再生を図ろうと行われた。

 児童たちは、エコツアーふくみみの大堀健司代表の案内でカヌーに乗って上流に向かい、オヒルギの苗を1本1本ていねいに植えた。

 砂川大河君(4年)は「うまく植えることができてよかった。元気に育ってほしい」、奥松凛さん(6年)は「石ころが多くて大変だった。オヒルギが成長しやすい環境になってほしい」とそれぞれ話した。

  • タグ: マングローブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム