八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

就航60周年を祝う 日航の沖縄-東京路線

くす玉を割り沖縄-東京線就航60周年の節目を祝う日本航空の植木義晴社長(右から4人目)と関係者=5日、那覇空港国内線

くす玉を割り沖縄-東京線就航60周年の節目を祝う日本航空の植木義晴社長(右から4人目)と関係者=5日、那覇空港国内線

 【那覇】日本航空(JAL・植木義晴社長)は5日、沖縄-東京線就航60周年を迎え、那覇空港国内線旅客ターミナル内で記念セレモニーを行い、節目を祝った。同路線は、祖国復帰前の1954(昭和29)年2月5日に国際線として開設。初年度の週2往復、年間利用者約2500人から現在は、1日12往復約3万人が利用するなど、同社の主要路線となっている。

 植木社長は「沖縄-東京は戦略上、重要な路線。70周年に向けて日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターとともに沖縄の振興発展に貢献していきたい」と述べた。

 セレモニーでは、植木社長や日本トランスオーシャン航空(JTA)の佐藤学社長、JALとJTAのスタッフらが「ご搭乗ありがとうございます」の横断幕を掲げて羽田から沖縄着の乗客を迎えた。初便の沖縄着と羽田行きの搭乗客には、メモホルダーなどが入った記念品が贈られた。

 沖縄観光コンベンションビューローの上原良幸会長は「還暦となり歴史を感じる。100周年を目指してさらなる沖縄観光の発展につながればと期待している」、県観光文化スポーツ部の湧川盛順部長は「沖縄の観光振興を今後とも日本航空と連携して取り組みたい」とそれぞれ就航60周年を祝福した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム