八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新博物館建設に着手 検討委

八重山博物館内を見学する委員たち=5日午後

八重山博物館内を見学する委員たち=5日午後

来年度に基本構想策定

 新石垣市立八重山博物館(仮称)の建設を計画している石垣市は5日、博物館基本構想の策定に必要な事項について調査研究を行う「建設基本構想検討委員会」(石垣博孝委員長、委員19人)を設置した。検討委では、調査結果を踏まえて基本構想や内容、規模、建設候補地などを検討し、来年度の基本構想策定を目指す。

 5日午後、市民会館会議室で開かれた第1回検討委員会では、事務局の受託業者が事業概要や調査内容を説明した後、八重山博物館に移動。同館職員から収蔵品の状況などについて説明を受け、収蔵庫の現状を見て回った。

 同館の南側にあり、主に図書資料などを保管しているプレハブでは、職員が「電気や空調設備がないため、夏場の作業が困難。くん蒸も年に一度行っているが、簡易的な建物なので虫も入ってくる」と話した。

 次回は3月4日に2回目の検討委を開き、現況調査や先進地の事例などを踏まえながら協議していく。

 委員は次の各氏。

 ▽委員長=石垣博孝(八重山博物館協議会委員)▽副委員長=花井正光(元琉球大学教授)▽委員=上原静(沖縄国際大学教授)、田名真之(同)、照屋寛公(建築アトリエTreppen代表)、宮地竹史(石垣島天文台所長)、崎山陽一郎(八重山博物館協議会委員)、島袋憲一(同)、平野秋一郎(同)、前盛善治(市教委教育部長)、成底啓昌(市教委総務課長)、登野城勝(市教委文化財課長)、大得英信(市企画政策課長)、比屋根悟(市契約管財課長)、小菅丈治(県立石垣青少年の家)、糸洌長章(八重山古典民謡保存会)、上原有代(宮良婦人会)、豊川奈津子(石垣市織物事業協同組合)、藤田美保(石垣市商工会)

  • タグ: 博物館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム