八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

凧揚げ楽しむ ロッテのルーキー6人

初のオフで凧揚げを楽しんだ新人の石川歩、吉田裕太、肘井竜蔵、井上晴哉、二木康太、吉原正平(右から)=5日午前、市中央運動公園陸上競技場

初のオフで凧揚げを楽しんだ新人の石川歩、吉田裕太、肘井竜蔵、井上晴哉、二木康太、吉原正平(右から)=5日午前、市中央運動公園陸上競技場

 春季キャンプ第1クールが終了し、初のオフとなった5日、千葉ロッテの新人選手ら6人が市中央運動公園陸上競技場で凧揚げを楽しんだ。

 正月に凧を揚げる八重山の風習を楽しんでもらおうと石垣市観光文化課が企画、八重山凧愛好会の協力を得て行われた。

 参加したのは石川歩、吉原正平、二木康太、吉田裕太、井上晴哉、肘井竜蔵の6選手。

 愛好会の添石邦男さんが「凧は向かい風がないと飛ばない。向かい風が強くなればなるほど力強く舞う。野球も同じだと思う。向かい風が強いほど、成長できるはず。今キャンプで困難に打ち勝てる強さを培って下さい」とあいさつした。

 この後、ロッテの今年のスローガン「翔破~頂点へ、今年こそ」「歓迎千葉ロッテマリーンズ」が一文字ずつ記された2種類の連凧や伝統凧の八角などを6人が大空に揚げた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム