八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キャンプイン!球春到来

千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプがスタート、ウオーミングアップでランニングをする選手ら=1日午前、市中央運動公園野球場

千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプがスタート、ウオーミングアップでランニングをする選手ら=1日午前、市中央運動公園野球場

「日本一奪還」を決意
1、2軍64人がハツラツプレー

 千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが1日、石垣島マリーンズボールパーク(市中央運動公園、第2野球場)でスタート。1、2軍合わせて選手64人がそろって、キャンプインセレモニーやウオーミングアップを行った後、投手、野手に分かれて練習に入り、グラウンドでハツラツとした姿をみせた。セレモニーで伊東勤監督は「日本一奪還」に決意を表明。初日の選手の動きに「かなり良かった」と評価した。パークには市民やファンなど約600人が詰めかけ、1年ぶりに生で見る選手たちのプレーに目を輝かせていた。

 セレモニーで千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会の漢那政弘副市長は「7年目を迎える今キャンプは、縁起のいいラッキー7。大嶺兄弟も1軍スタートで市民も喜んでいる。新戦力の加入で日本一になるものと確信している」と激励。伊東監督は「昨季は最低でもAクラスの目標は達成できたが、最後の最後で負けてしまった。新戦力の加入でチーム力も高まった。日本一奪還できるよう頑張る」と決意を示した。

 初日、投手陣はランニングを中心に、ピッチングやフィールディング、野手陣はノックや打撃練習に汗を流した。伊東監督は「全体的に行動がきびきびしており、早くグラウンドで野球がしたいという気持ちが伝わってきた」と初日の雰囲気を評価。「激しい競争意識を持ってもらいたい。戦力も上がった。やるからには一番上を目指す」と選手に奮起を促した。

 大嶺祐太も初日からブルペンに入り、90球を投げ、「自主トレでやってきたことが出せた。思うような投球ができた」と満足そう。

 弟の翔太も三塁の守備でノックを受けるなど初の1軍メニューをこなした。「体力的には大丈夫だったが、今まで味わったことがない緊張感だった」と感想を述べた。

  • タグ: ロッテキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム