八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「長寿あやからし たぼーり」 138人に頌状贈る

生年祝頌状および記念品贈呈式で漢那副市長から頌状が贈呈された97歳のカジマヤーを迎えた生年者=1月31日午後、市民会館大ホール

生年祝頌状および記念品贈呈式で漢那副市長から頌状が贈呈された97歳のカジマヤーを迎えた生年者=1月31日午後、市民会館大ホール

旧正恒例市生年祝い
カジマヤーは39人

 石垣市は旧正月(旧暦1月1日)の1月31日午後1時から、市民会館大ホールで「2014年生年祝頌状および記念品贈呈式」を催し、出席した97歳カジマヤーを迎えた8人と85歳の生年者130人の計138人に頌状と記念品を手渡し、長年、市の発展に尽くした高齢者に感謝した。式に先立ち漢那政弘副市長らが施設3カ所と長寿者の自宅17件を訪問し頌状と記念品を贈った。この日は、各公民館や老人福祉施設でも生年祝いが開かれ、お年寄りの長寿を祝った。

 市では今年、108歳の茶寿が1人、97歳が39人、85歳が260人の計300人が生年を迎え、贈呈式では体調不良で欠席した中山義隆市長に代わり、漢那副市長が出席した生年者一人一人に頌状と記念品を手渡し、カジマヤーの全員からあやかりの杯を受けた。

 祝辞で漢那副市長は「激動の時代を乗り越え、市の発展に貢献してきた皆さんのおかげで、昨年は南ぬ島石垣空港が開港し、観光や経済振興に大きな期待が寄せられている。これも皆さんの郷土愛とたゆまぬ努力のたまもの」と述べた。

 このあと祝宴では、八重山民俗舞踊保存会2団体による「あやかり節」など舞踊が披露されたほか、13年度市とぅばらーま大会最優秀賞の岡山創さんが「とぅばらーま」を歌い会場を和ませた。

 カジマヤーを迎えた宮良信篤さん(大川)は「とてもありがたい。これからも書道や踊りなど大好きなことを続けたい」とうれしそうな表情。能瀬シズさん(大浜)は「これまで達者に過ごすことができ、こんなに盛大に祝ってもらってうれしい」と笑顔をみせた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム