八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2013年入域観光客94万人を突破 県八重山事務所

94万人台を記録した八重山観光入域客数。14年も離島観光を中心に好調が見込まれている。=29日午後、竹富港

94万人台を記録した八重山観光入域客数。14年も離島観光を中心に好調が見込まれている。=29日午後、竹富港

今年は前年並みかそれ以上 受け皿整備など課題

 2013年1年間の八重山への入域観光客数が94万2964人となり、これまで最高だった07年の78万7502人を15万5462人(19.7%)上回る過去最高を記録した。県八重山事務所が29日、12月の入域観光客数とともに発表した。入域観光客数は前年に比べて32.2%(22万9906人)増加。観光消費額は580億1000万円と同30.9%(137億2000万円)増加している。月ごとでは昨年3月7日の南ぬ島石垣空港開港後、4~12月の9カ月連続で月単位の過去最高を更新している。

 2000㍍の滑走路を持つ同空港開港後、格安航空会社(LCC)2社の参入で、航空運賃が大幅に引き下げられ、若者を中心とした利用が伸びたほか、本土直行便機材の大型化なども利用増に結びついた。

 同事務所や3市町が発表している入域観光客数によると、行政区別では石垣市が93万7024人で同32.3%(22万8497人)増と伸び幅が最も多い。

 1人の観光客が複数の離島を巡る竹富町は105万7120人で同20.0%(17万6405人)増加した。島ごとでは、竹富島が45万7207人と同17.6%(6万8304人)増、次いで西表島が34万6401人で同21.6%(6万1406人)増となっている。

 一方、与那国町は2万8359人で同13.9%(4534人)減となっているが、12~13年度で入域客に占める観光客の割合(混在率)を変更したことも減少要因となっている。

 94万人台となったことに中山義隆石垣市長は「開港のインパクトもあって、これだけ多くの人に来ていただいて驚いている。今後も受け皿整備に向けてしっかりと取り組みたい」と喜んだ。

 八重山ビジターズビューローの宮平康弘理事長は「大変素晴らしいことで喜んでいる。開港初年度とあって急激に伸びているが、今の勢いを維持発展させていくためにも航空各社と連絡・調整し、冬場の魅力発信などに力を入れていかなければならない」と気を引き締めた。

 今後の見込みについて同事務所では「昨年は3月7日の開港後、4月以降で単月の記録で過去最高を更新している。1~3月にフル稼働するのは今年が初めてとなるため、今年は昨年並みかそれ以上が見込まれる」としている。

  • タグ: 観光産業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム