八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山郡、2連覇狙う

市郡対抗駅伝競走大会開会式で選手代表宣誓を行う八重山郡の長尾蓮選手=24日午後、県立武道館

市郡対抗駅伝競走大会開会式で選手代表宣誓を行う八重山郡の長尾蓮選手=24日午後、県立武道館

市郡対抗駅伝、きょう号砲

 【那覇】全14チームが出場する県知事杯第37回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(主催・沖縄陸上競技協会)が25、26の両日、那覇市の奥武山陸上競技場を発着する全30区間292.3㌔のコースで行われる。前日の24日には那覇市の県立武道館で開会式があり、大会2連覇を狙う八重山郡チームの長尾蓮選手が「各市郡代表の誇りを持ち、各世代の垣根を越えたタスキリレーですべての方々の心に残る熱いレースを繰り広げることを誓う」と力強く選手宣誓した。大会初日は全16区間の162.2㌔。午前7時に同競技場をスタートして那覇市を南下、糸満市から北上して国頭村役場前でゴールする。

 26日は全14区間130.1㌔。同役場を午前7時に出発、南下してゴールとなる同競技場を目指す。

 島尻勝人監督は「6区を走る永井秀樹がどの位置にいるかがポイント。ここでトップにいれば勝ちにつながる。前半優勝で良い流れをつくって後半のレースに弾みをつけたい」と語った。

 初日の代表選手は次の通り。

 【前半】

 ▽1区(11.0㌔)=王滝将弘▽2区(13.8㌔)=下地将平▽3区(11.5㌔)=長尾蓮▽4区(11.9㌔)=川満晃弘▽5区(10.6㌔)=田福真志▽6区(15.4㌔)=永井秀樹▽7区(10.2㌔)=本底曜▽8区(12.8㌔)=長浜勤

 【後半】

 ▽9区(3.4㌔)=三ツ岩森之▽10区(4.6㌔)=小林祐樹▽11区(11.7㌔)=仲村渠昌彰▽12区(9.9㌔)=田盛智翔也▽13区(8.0㌔)=請盛健▽14区(7.3㌔)=東里司▽15区(12.3㌔)=小林洋▽16区(7.9㌔)=川島海斗

  • タグ: 駅伝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム