八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

余剰地に児童福祉施設や消防出張所など計画 県と石垣市

団地建て替えのイメージ

団地建て替えのイメージ

新川地区の団地群建て替え

 新川地区の団地群の建て替えを計画している県と石垣市は21日までに、新川真喜良地域の居住機能再生に向けた基本的な考え方をまとめ、老朽化した公営住宅の居住機能の向上、余剰地を活用した地域活性化、地域防災機能の向上を目標に掲げた。余剰地には児童福祉施設、公園、消防出張所などを計画している。市はホームページで公表し、住民意見を募っている。県、市は住民や関係団体などの意向を踏まえ、今年3月までに新川地域居住機能再生計画を策定する。

 建て替え対象は県営の新川、真喜良、真喜良第2、市営新川の4団地(計530戸)。2016年度ごろから順次、建設に着手する予定だ。

 基本的考え方によると、沿岸地域にある県営真喜良と県営真喜良第2を、防災の観点から県営新川団地、市営新川団地の敷地約8㌶に集約。建て替え後の新団地は津波災害などの一時避難所として活用する。高層化が想定されるが、景観に配慮した計画にするという。新団地は全戸バリアフリー。

 移転後に更地となる真喜良第2団地跡地では▽児童館などの児童福祉施設▽公園▽消防西出張所(仮称)、真喜良団地跡地では▽地域活性化に資する施設▽民活による商業・観光施設の導入―を検討する。

 防災機能に関しては新団地に避難する経路、未整備の都市計画道路を検討。さらに雨水排水機能を向上させ大雨時の冠水対策も図る計画だ。

 計画の基本的考えは市のホームページや市役所、市立図書館、市健康福祉センターで閲覧できる。意見の募集は2月18日まで。問い合わせは市都市建設課(87―9007)、県住宅課(098―866―2418)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム