八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全祈願し、今期操業開始 小浜製糖工場

竹富町小浜製糖工場の今期操業開始にあたり原料のサトウキビをコンベアに投入するJA八重山地区本部の山田本部長(中央)ら=16日午後、同製糖工場

竹富町小浜製糖工場の今期操業開始にあたり原料のサトウキビをコンベアに投入するJA八重山地区本部の山田本部長(中央)ら=16日午後、同製糖工場

5067㌧の収量見込む

 【小浜】JAおきなわが管理運営する竹富町小浜製糖工場の製糖開始式が16日、工場でJAや生産者、公民館役員らが参加して開かれた。

 農家を代表して小浜島サトウキビ生産組合の大盛武組合長が「キビ刈り応援隊として毎年来てくれる皆さんに感謝している。高齢の島なので、若い皆さんの力を頼りに育ててきたサトウキビ一本一本大事に、また、けがのないよう最後までよろしくお願いします」とあいさつ。

 JAおきなわ八重山地区本部の山田惠昌本部長が「黒糖という小浜島の特産品作り、食品作りをまかされているという責任と誇りを持ち、衛生面にも気を付け、働いてほしい」と激励した。

 出席者を代表して、山田本部長らが圧搾機にキビを投げ入れ、お酒で安全祈願し、今期操業を開始した。

 同工場では今期、収穫面積約60㌶、5067㌧の収量を見込んでいる。(小浜通信員)

  • タグ: 小浜島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム