八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大会2連覇を決意 市郡対抗駅伝大会

第37回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会結団式で力強く健闘を誓った仲村渠隆雄選手=20日夕、市中央運動公園陸上競技場

第37回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会結団式で力強く健闘を誓った仲村渠隆雄選手=20日夕、市中央運動公園陸上競技場

八重山選手団が結団式

 沖縄県知事杯第37回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(沖縄陸上競技協会主催)に出場する八重山選手団(玉城学団長)の結団式が20日夕、市中央運動公園陸上競技場会議室で行われた。第36回大会で八重山は3年ぶり2度目の総合優勝を飾っており、今回は2連覇が懸かっている。

 大会は奥武山陸上競技場と国頭村役場を往復する全30区間292.4㌔㍍のコースで25、26日の2日間にわたり、県内14市郡の健脚を競う。

 仲村渠隆雄選手が代表して「2連覇を勝ち取るため、一般、高校生、中学生と一本のたすきをつなぎ、全力を尽くす」と力強く宣誓した。

 島尻勝人監督は「プレッシャーもあるが、選手の顔ぶれや表情を見ていると連覇できる」、柿本恵子女子監督は「今年は都道府県駅伝に4人選ばれた。今年こそは女子の力で勝ったと言えるように頑張る。今大会で八重山だけが、挑戦できる2連覇。これを女子の力で勝ち取る」と闘志を燃やした。

 八重山郡体育協会・八重山郡陸上競技協会の玉城学会長は「現段階での八重山最強メンバーがそろった。前回大会は292.3㌔を走って、2連覇のかかった国頭郡とわずか21秒差で勝利した。1秒の積み重ねが優勝につながるという意気込みでたすきをつなぎ、八重山の誇りを胸にしっかり走ってほしい。大会まであと5日。きついと思うが、粘り強い走りを期待する。奥武山で昨年のように歓喜の輪をつくりたい。八重山は強い。健闘を祈る」と激励した。

  • タグ: 駅伝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム