八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

初の200万人大台を突破

南ぬ島石垣空港を利用する観光客ら=2014年1月1日。13年は、乗降客数が大台の200万人を突破した

南ぬ島石垣空港を利用する観光客ら=2014年1月1日。13年は、乗降客数が大台の200万人を突破した

石垣空港乗降客数の推移

平成25年石垣空港乗降客数

2013年空港乗降客数
過去最高を記録

 2013年の1年間に南ぬ島石垣空港で発着する飛行機を利用した乗降客数は、過去最高の206万9027人を記録したことが石垣空港管理事務所の速報値で分かった。これまでは06年の195万8374人が最高だったが、これを5・7%上回り、初めて200万人の大台を突破した。

 石垣空港と与那国空港を加えた13年の入域観光客数は同年11月で88万191人。石垣空港の12月の降客は7万4621人で、観光客が含まれる割合となる同月の混在率を乗じると、年間の入域観光客数が93万人を突破するのは確実な情勢となっている。

 石垣空港では6月14日からピーチが関西、7月10日からスカイマークが那覇、神戸、成田、9月13日からピーチが那覇の路線でそれぞれ就航した。これにより低価格運賃が実現、利用しやすい環境ができた。

 このほか3月7日の開港時には韓国からチャーター便が就航、台湾からも2社が夏場の期間に運航した。

 13年の乗降客数は1月から前年を上回るペースで推移。3月は19万4239人(前年同月比25・7%増)と伸び、観光シーズンの8月は23万6584人(同52・3%増)、9月は21万2764人(同51・6%増)と大きく伸びた。

 乗降客数の内訳は国内線205万3401人、国際線1万5626人。全体では前年から27・7%(44万8863人)増えた。

 空港には1日当たり80便余の発着があり、着陸回数は1万3116回で、前年より2054回の増。

 積んだり、降ろしたりした荷物は一般貨物で1万8061㌧(前年比2・4%増)、郵便物で414㌧(同6・1%増)となった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム