八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最新鋭MRI導入 県内初のフルデジタル装置

新たに導入されたMRI。14日からMRIによる診断も再開された=17日午後、八重山病院

新たに導入されたMRI。14日からMRIによる診断も再開された=17日午後、八重山病院

県立八重山病院 患者の負担大幅軽減

 機種入れ替えのため昨年11月からMRI(磁気共鳴画像装置)による診断を休止していた県立八重山病院(依光たみ枝院長)は、県内で初めてフルデジタルの信号経路を持つ最新鋭のMRI装置を導入。14日から診断を再開した。導入された新機種は信号やノイズなどが改善され、画像が鮮明になったほか、造影剤を使用せずに撮影することが可能。また、撮影時間も旧機種の半分に短縮され、患者負担も軽減される。依光院長は「質の高い医療が提供できるようになる」としている。

 旧MRIは2002年3月に導入されたが、老朽化が進み、ここ数年は故障が続いていた。このため、県の地域医療再生基金を活用して最新機種を導入した。

 これまでの機種では、アナログ信号を離れた場所に送信してデジタル信号に変換していたが、新機種では直接デジタルに変換するため、信号ロスがない。また、動きを補正するソフトで呼吸による横隔膜の動きもとらえることができ、きれいな画像をつくることができるようになった。

 糖尿病などで腎機能が低下している人は、画像を鮮明に写し出す造影剤を使用した際に腎臓に障がいが出る場合もあったが、新機種では造影剤を使用せずに撮影することが可能となる。

 機能の向上で撮影時間も10~15分と、従来の半分に短縮される。依光院長は「これまでの機種は画像も悪く、患者の負担も大きかったが、新機種の導入で地域住民に質の高い医療を提供できるようになる」と話した。

  • タグ: 八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム