八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3月までに整備着手 西表製糖

現在の工場で最後の操業を行っている西表糖業の製糖工場=12日午後

現在の工場で最後の操業を行っている西表糖業の製糖工場=12日午後

年度内入札、年内にも完成
総額約68億円〜3施設更新完了へ

 竹富町内3製糖工場の施設更新を進めてきた町農林水産課(野底忠課長)は3月までに、西表製糖工場の改築に着手し、12月までの完成を見込んでいる。これで小浜、波照間に次いで町内3製糖工場は新しくなる。町は2010年度から県含みつ糖製糖施設近代化事業を導入、西表製糖工場の完成で総額約68億円をかけた事業が完了する。

 町内で稼働する波照間、小浜、西表島の製糖工場は施設の老朽化が進んでいたため、町は小浜島から順次、整備に着手。波照間島製糖工場は15日に落成式が行われ、18日から操業が始まる。西表製糖は年度内に整備工事の入札を行う。

 小浜製糖は、総事業費16億円をかけて1日当たり従来の原料50㌧を処理できる施設に更新、波照間製糖は26億円で原料処理量を100㌧から130㌧に拡大した。西表製糖も当初予算額26億円で80㌧から100㌧に増やす計画だ。

 西表糖業(金城一夫代表)で、現施設での最後となる操業は、昨年末から開始、3月中旬には終了する。町は操業が終わり次第、工事に着手したい考えで、工事契約に向けた作業を進める。

 工場の従業員らは「施設が新しくなるのはうれしいのだが、小浜も波照間も改築しており、このような工場は、もうなくなっていくのかと思うと少し寂しい」「昔はもっと煙突が高かった」などと感慨深げに話していた。

  • タグ: 西表製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム