八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山高校フットサル部九州大会へ

2014タッサダルポンチ沖縄県予選で優勝し、九州大会出場権を獲得した八重山高校フットサル部=14日午後、同校校長室

2014タッサダルポンチ沖縄県予選で優勝し、九州大会出場権を獲得した八重山高校フットサル部=14日午後、同校校長室

発足3年目で県代表に
加屋本主将「制覇狙う」

 八重山高校フットサル部(謝敷真也監督、加屋本勇貴主将、部員11人)が12日に豊見城市のフットサルティーダイン沖縄で開かれた2014タッサダルポンチ沖縄県予選(同施設主催)で優勝し、2月の九州大会出場権を獲得した。加屋本主将は「九州大会の戦いはすでに始まっている。練習を重ね、九州制覇を狙う」と力強く語った。九州大会(㈱スポーツリンクアンドシェア主催)は福岡市のディノフットサルクラブで開かれ、九州沖縄の各地で開催の予選を勝ち上がった8チームで争われる。

 同部は2011年10月に同好会としてスタートし、継続的な活動と12年9月の九州フットサル施設連盟選手権8強などの実績が認められ、本年度から部に昇格した。

 フットサルには高体連などの公式戦がないため、社会人チームと対戦するなどしながら各施設が主催する大会に出場している。

 県予選は、ビギナークラスよりも上位のオープンクラスで、競技志向の高いカテゴリーに分類される。出場は社会人5チーム、高校3チーム。

 八重高は予選リーグを2勝1分(勝ち点7)の1位で通過し、決勝トーナメントに進出。準決勝は社会人のFC JIRORAMOを2―2(PK3―2)で退けた。決勝はNAHA ASOBOWA FSC(那覇高)と対戦し、2-2で両者譲らず、PK戦にもつれ込んだが、3―2で下して栄冠を手にした。

 加屋本主将は「優勝の実感はなかったが、時間が経つにつれて誇らしく思えてきた。どこも強豪で、きわどい試合ばかりだった。日ごろからPKの練習も積んできたおかげ」と振り返った。

 県予選には八重山商工も出場。予選リーグは1勝2敗(勝ち点3)で3位となり、敗退した。

  • タグ: フットサル八重高
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム