八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表舟浮で震度4 未明の揺れに緊張走る

石垣でも震度3

 9日午前3時15分ごろ、八重山地方で地震があり、竹富町西表島で震度4を観測したほか、石垣島から与那国島にかけて震度3-2を記録した。震源地は石垣島近海で震源の深さは70㌔。地震の規模はマグニチュード5・6。

 八重山地方で震度4以上の揺れを観測したのは2004年10月15日の与那国近海で発生したマグニチュード6・6の地震以来。

 震度4が観測された西表舟浮では同時刻ごろ、全国瞬時警報システム(Jアラート)が稼働し、防災無線で住民に地震発生が知らされた。

 舟浮公民館長を務める井上吉晴さんの妻、綾子さん(45)は「ドンという音と大きな揺れで跳び起きた。横揺れが10秒くらい続いたように思う。目の前が海なので、津波が気になり、潮が引かないかしばらく様子を見た」と話した

 石垣市内でも、この揺れに驚き、跳び起きた人が多かった。

 各地の震度は次の通り。

 ▽震度4=西表島舟浮▽震度3=石垣市登野城、新川、平久保、新栄町、伊原間、美崎町、竹富町大原、黒島、上原▽震度2=与那国町祖納、久部良、波照間。

  • タグ: 地震
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム