八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

給食に七草がゆ

七草がゆをほおばる児童ら=7日午後、平真小

七草がゆをほおばる児童ら=7日午後、平真小

「おいしい」と児童生徒ら

 七草の7日、石垣市内の小中学校では七草がゆが給食に出され、児童生徒らが味わいながら一年の健康を祈った。

 七草がゆはもともと、中国の風習で無病息災を祈り、セリやナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの春の七草をかゆの中に入れて食べる。

 この日の雑炊には島ネギやニラ、ホウレンソウなどが入っており、児童らはおいしそうに舌鼓を打った。

 平真小学校3年1組の具志堅陽咲(ひさき)さん(9)は「卵や魚も入っており、とてもおいしい」、登野盛耕大君(同)は「雑炊はあまり好きではないけど、ニラが入っていておいしい」と笑顔。

 担任の宮良しん子教諭は「子どもたち全員が一年間健康で元気よく過ごせたらいいなと思う」と目を細めていた。

  • タグ: 学校給食平真小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム