八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多幸願い初の「頭興し」 いしゃなぎら旗頭部会

初めてとなる旗頭の「頭興し」を行ったいしゃなぎら旗頭部会の会員ら=2日午前、宮鳥御嶽

初めてとなる旗頭の「頭興し」を行ったいしゃなぎら旗頭部会の会員ら=2日午前、宮鳥御嶽

 いしゃなぎら旗頭部会(内原英政旗頭総責任者)は2日午前、宮鳥御嶽で字民の健康を祈願し、初めてとなる「頭興し」を行った。

 内原総責任者が「いしゃなぎらの頭持ちは、粋な気風と地域貢献の心構えで諸活動に取り組んできた。先人が築いた旗頭を継承し、字の隆盛と字民のご多幸を祈り、新春の頭興しを行う」と宣言。

 邑むつ会の石垣英邦会長は「新たな伝統ができた。昔、農家は1月2日にくわ入れをした。この日に初興しは字の象徴となる。字民の無病息災を願う」、てぃーづな会の宮良長明会長は「2旗の頭を立てることは感無量だ。字民が健やかに過ごすことを祈願する」とあいさつした。

 石垣字会の池城孝副会長が「年頭に頭を立て、字民の健康と農作物の豊作を、この宮鳥(御嶽)から発信する意義深い取り組みだ」と激励した。

 その後、2旗の頭が境内で披露された。

 邑むつ会の玉代㔟秀孝初代会長が「一年の計は元旦にあり、今年は結願祭も予定されている。初興しを契機に、字のために健康で活動していこう」と呼びかけた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム