八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大浜氏の擁立決定 後援会が発足

大浜長照氏の後援会の共同代表に就任した3氏(左から入嵩西整氏、江川三津恵氏、高嶺善伸氏)=25日午後3時すぎ、八重山職員共済会館

大浜長照氏の後援会の共同代表に就任した3氏(左から入嵩西整氏、江川三津恵氏、高嶺善伸氏)=25日午後3時すぎ、八重山職員共済会館

共同代表の一人に入嵩西氏 年内表明で調整

 来年3月2日投開票の石垣市長選(同年2月23日告示)で市政奪還を目指す笑顔かがやく市民の会(会長・高嶺善伸県議、19団体)は25日、前市長で国頭村立東部へき地診療所医師、大浜長照氏(66)の擁立を正式決定し、後援会を設立した。共同代表の一人に前市議会議長で自民党石垣市支部長を務めたこともある入嵩西整氏が就任した。入嵩西氏は「今回は党派を超え、信頼できる人に市政を託したい」と支持を表明した。

 共同代表は現段階で江川三津恵、高嶺善伸、入嵩西の3氏。今後増やし、幅広い組織づくりを目指す。国道バイパス沿いの徳村菓子店北方に後援会事務所も確保した。後援会は、大浜氏が帰省する30日に出馬表明できるよう調整を進めていく。

 共同代表の3氏は、八重山職員共済会館で設立総会を開催した後、会見した。

 江川氏は「石垣市は2010年の市長交代で激変した。平和と豊かな市民生活を希求する多くの市民とともに、どうしても次期市長選に勝利しなければならない」と決意を示し、「石垣市の課題を何とかしたいと思う人たちが話し合う場を広げていけるような市民的な後援会にしたい」と呼びかけた。

 市民の会は今年2月から候補者選考委員会で人選作業を開始。これまで自薦、多選で22人の名前が挙がったが、作業は難航。この間、大浜氏の待望論が浮上し、11月18日の選考委員会で出馬を要請することを確認。12月7日の役員会で候補者として推薦することを決定していた。大浜氏も11月末には受諾する意向を固めた。

 後援会によると、出馬表明に向け、大浜氏は後任医師の確保に動いているという。国頭村との契約は来年3月末まで。後任が確保できないと活動ができないため、後援会も医師確保をサポートするなど環境づくりを進めていく考えだ。

  • タグ: 選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム