八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中山氏、出馬に意欲 支持グループが要望

八重山維新の会から出馬要請を受ける中山義隆氏=25日午後5時15分すぎ、庁議室

八重山維新の会から出馬要請を受ける中山義隆氏=25日午後5時15分すぎ、庁議室

 石垣市長、中山義隆氏(46)を支持する八重山維新の会(塩谷篤会長、42人)は25日、来春の市長選に立候補するよう中山氏に要望した。中山氏は「1期で全て終わったとは考えていない。新たな課題も出てきており、しっかり取り組んでいきたいという気持ちだ」と意欲を示した。

 出馬の表明については「自民党の(擁立)決定がまだなので、この場で的確な返答はできないが、皆さんの気持ちに応えるようにしたい」と述べるにとどめた。

 維新の会は11月に事務所を構え、取り組みをスタートさせているが、自民支部が一本化していない状況を受け、要望に踏み切った。

 塩谷会長は「市長は若くて至らない部分があるかもしれないが、石垣市をもっとよくしてくれる。年内に一本化して出馬表明をしてもらいたい」と話した。

 要望書では、新空港開港後の経済活性化について「国内外を問わずトップセールスを行ってきた市長の若さあふれる、バイタリティーある行動力のたまもの」、北朝鮮のミサイル発射実験に際しても「政府や自衛隊と連携しながら迅速、的確な判断で郡民の不安を払拭(ふっしょく)した」と評価している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム