八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

現職と前市長の争いか 石垣市長選

年内に出馬表明の見通し 擁立作業大詰め

 来年2月23日の告示まで2カ月余となった石垣市長選(3月2日投開票)は市議会12月定例会が閉会した18日以降、年内の出馬表明に向けた動きが与野党双方で加速する。現段階では現職の中山義隆氏(46)と前市長の大浜長照氏(66)の争いになる可能性が高い。両陣営とも近く、出馬表明の日程など今後の対応を協議する見通しだ。両陣営の擁立作業は大詰めを迎えている。

 市政奪還を目指す野党側の組織、笑顔かがやく石垣市民の会(会長・高嶺善伸県議)は19日、関係者を派遣して大浜氏本人と調整する。11月30日に大浜氏と行った意見交換会で課題についてピックアップ。市民党的な組織体制、向こう4年間での後継者づくりなど、出馬に向けた環境づくりを進めてきた。

 関係者は「年内に意思を明確にしなければ戦えない」としており、19日の面談でこうした取り組みを報告して出馬を打診、意思を確認する。大浜氏は受諾するとみられており、受諾した場合は出馬表明の日程まで調整する見通しだ。

 一方、自民党石垣市支部(支部長・砂川利勝県議)は、現職と議長の伊良皆高信氏(53)のうち、現職を候補者とするとの報告を候補者選考委員会(16人)から受けており、県議と市議で構成する常任総務会を近く開催。正式に決定するかどうか対応を協議する予定だ。

 砂川氏は「一本化するための選考委員会」としていたが、支部幹事長の仲間均氏が選考過程を疑問視。仲間氏は今年1月の支部旗開きで「人選は白紙」と発言して波紋を広げたほか、市議会一般質問で現職への“決別宣言”とも受け取れる批判を展開。現職を推す市議から責任を問う声も出ており、波乱含みの様相を呈している。

  • タグ: 選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム