八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「南ぬ浜町」に待った 市議会で継続審議へ

埋め立てで広大な土地が形成された新港地区。「南ぬ浜町」の命名案は市議会で継続審議となった

埋め立てで広大な土地が形成された新港地区。「南ぬ浜町」の命名案は市議会で継続審議となった

 新港地区に「南ぬ浜町」(ぱいぬはまちょう)と命名するため、石垣市が市議会12月定例会に提出している議案は18日、建設土木委員会(仲嶺忠師委員長、委員7人)で全会一致で継続審議が決まった。本会議で報告され、承認された。

 当局側が議案を取り下げない限り、同委は最終的に原案の可否を採決しなければならないが、外部委員を加えた選考委員会が市民から公募して選定した結果を尊重する立場もあって慎重だ。どう継続審議していくのか注目される。

 本会議に先立つ委員会では、休憩中に「選定結果を尊重するが、議論が百出しているので、早計に決めるべきではない。市民の声を聞きながら、もっと議論を深めるべきだ」との指摘があった。

 「南ぬ浜町」は選考委員会が応募のあった132点から絞り込んだもの。応募のあった名称は「南」(ぱい、はい)、「星」「サザン」「海」を付けたものが多かった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム