八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテが石垣でオープン戦 キャンプ7年目で実現

石垣島キャンプ千葉ロッテマリーンズの紅白戦。来年2月16日にはオリックス・バファローズとのオープン戦が決まった=2013年2月17日撮影、石垣市中央運動公園野球場

石垣島キャンプ千葉ロッテマリーンズの紅白戦。来年2月16日にはオリックス・バファローズとのオープン戦が決まった=2013年2月17日撮影、石垣市中央運動公園野球場

来年の2月16日、オリックスと対戦

 千葉ロッテマリーンズとオリックス・バファローズのオープン戦が、来年2月16日午後1時から石垣市総合運動公園野球場で開催されることが決まった。日本野球機構(NPB)が17日、正式に発表した。NPBによると1997年の宮古島に続き、プロ野球史上2番目の離島開催で、来シーズンのオープン戦の幕開けを告げる一戦となる。千葉ロッテの石垣島キャンプ7年目にして初めてオープン戦が実現する。

 同球団は13日に、来シーズンのキャンプを来年2月1日から19日まで1、2軍合同で石垣島で行うことを発表している。

 オープン戦が開催される2月16日はキャンプ最終の日曜日に当たり、多くの来場者が見込まれている。

 千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会会長の中山義隆市長は「オープン戦を見たいという市民の声があり、キャンプ7年目にして実現できてうれしい。子どもたちや野球好きな人には熱戦を見てもらいたい。観客が多いと選手も燃えるので、多くの市民に来場してもらいたい。宮古島から応援団が来て盛り上がることを期待する」と喜びのコメント。

 公式ファンクラブ、1SHIGAKI26の大城文博代表は「キャンプ誘致当初から要望してきたオープン戦がやっと実現できる。テレビで見ていたプロの試合が石垣島で行われるのは夢のようだ。他球団との対戦で地元もロッテを応援しようと熱が入るはず。26として応援合戦ができるグッズや七回の風船など検討したい。大嶺兄弟にも地の利を生かして1軍に残ってほしい」と期待を寄せた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム