八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮良で防災訓練 住民ら100人参加

倒壊した建物からけが人を救出する想定の防災訓練=10日午前、宮良小学校

倒壊した建物からけが人を救出する想定の防災訓練=10日午前、宮良小学校

避難・救出活動を展開

 宮良公民館、宮良地区自主防災会主催の防災訓練が10日午前、宮良小学校を主会場に行われ、地域住民約100人が参加した。大規模な防災訓練は今回が初めて。

 地域防災組織の役割確認や連携強化、防災資器材などの使用方法を確認するため実施された。

 訓練は石垣島の南東沖を震源とする地震発生を想定し、津波や建物の倒壊などからの避難や救助、消火活動を行った。

 宇根底盛夫公民館長は「明和の大津波のような大きな災害はいつ発生するか分からない。日ごろの心構えと地域の安全は地域で守るという気持ちを常に持たなければならない」と話した。

 また、石垣市消防本部の職員が心肺蘇生法や消火器の扱い方などを参加者に指導した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム