八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新城選手が市長表敬 市民栄誉章を受け取る

中山市長から市民栄誉章を受け取った新城選手(左)=6日午前、市長室

中山市長から市民栄誉章を受け取った新城選手(左)=6日午前、市長室

 石垣市出身のプロロードレーサー、新城幸也選手(29)が6日午前、市役所を訪れ、中山義隆市長に今年1年間のレース結果を報告。中山市長は市民栄誉章と盾を手渡した。

 新城選手は、八重山初の五輪選手として昨年、ロンドン五輪自転車競技ロードレースに出場したほか、自転車レースの最高峰、ツール・ド・フランスに4度出場している。

 今年7月10日に市民会館中ホールで開かれた市制施行66周年記念式典で、「子どもたちに夢と希望を与えた」として、市民栄誉章を受章。父親の新城貞美さんが代理で受け取った。

 中山市長は「ツール・ド・フランスやロンドン五輪などさまざまな大会への出場を、島を挙げて応援するととも活躍を楽しみにしてきた。リオ五輪や2020年の東京五輪にも日本代表として出場してもらい、ぜひ金メダルを獲得してくれることを期待している」と激励した。

 新城選手は「このような名誉のある章をありがとうございます。また、懸垂幕などいつも皆さんに応援してもらえて感謝している。これから自転車選手としていい年齢になってくるので、今まで以上の結果を出すとともに、2020年の東京五輪に出場できるよう頑張りたい」と述べた。

 新城選手は、10日午後11時から放送のTBS系列ドキュメンタリー番組(RBC)「情熱大陸」に出演する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム